糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿病の食事療法の仕方

糖尿病の食事療法は、摂取総カロリーと栄養バランスを気を付けなければなりません。
特に外食の機会が多くなると、栄養が偏りがちになりますので、出来れば控えるように注意しなければなりません。

糖尿病の食事療法は、自宅で栄養バランスの良い摂取カロリーを計算した食事を摂りましょう。
また、食事療法で気を付けなければならないことは、その食事内容だけでなく、食事の仕方にも気を付けます。

食事の仕方によっては摂取カロリーをオーバーしてしまい、食べ過ぎてしまいます。
例えば、何かをしながら食べることや、食事を一食抜いて後でまとめて食べることは、良くありませんので止めましょう。

糖尿病治療で、インスリンを注射して血糖コントロールを行っている方や、経口血糖降下剤などの薬を使っている方は、特に食事の時間は崩さず守り、規則正しい食事を行いましょう。
食事の時間を守らないと、治療薬の効果がなくなる場合や、反対に効き過ぎることがあります。


仕事の関係上、どうしても外食の多い方は、そのメニューを和食の定食にするなど、栄養バランスを考えた食事にします。
また、出来れば1日1回を限度にしましょう。


糖尿病の食事療法で、食べていけないものはありません。
まず、一番大切なことはバランスの良い栄養のある食べ物を、決められた摂取カロリーを超えないように食事することが大切です。


糖尿病の食事療法は、特別な食事を摂ることではありません。

糖尿病の食事療法は、栄養バランスが偏らないようにまんべんなく取り入れ、血糖値の急激な上昇を抑えたメニューで、総カロリー数を計算して行われています。

この食事療法は、糖尿病患者だけに作られるものではなく、健康な方にも生活習慣病の予防や成人病の予防に役立つものです。
もちろん、糖尿病の予防にも効果のある食事療法です。

糖尿病の食事療法で作られた食事は、味気のない少量の食事で甘いものがないと誤解されている方が多くおられます。

糖尿病の食事療法の仕方 関連記事