糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿食の摂取カロリー

糖尿病治療で行われる食事療法で、栄養バランスやカロリーを計算した食事を「糖尿食」と言います。
この「糖尿食」は健康な方へも生活習慣病の予防として、また栄養バランスの良いカロリーを抑えた食事で、健康食として健康管理できる食事です。


糖尿食とはどのような食事でしょうか。詳しく紹介します。

糖尿病食での治療が必要となる糖尿病とはどのような病気でしょうか。
糖尿病は膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンというホルモンの分泌量が減少することで発症する病気です。
インスリンの分泌量が不足すると、血液中のブドウ糖の量が増え、血糖値が慢性的に高い状態が続き、身体に悪い影響を及ぼします。

糖尿病が更に進行すると、合併症を引き起こし、「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」「糖尿病網膜症」というい三大合併症を、一つまたは複数を発症します。
更に糖尿病が進行すると、「脳梗塞」「心筋梗塞」などを引き起こし、死に至ることがあります。

糖尿病は、日常の食生活がとても影響しますので、普段より糖尿食を取り入れることは重要なことです。


糖尿食の基本は摂取カロリーを考えることで、さまざまなレシピが工夫されています。

糖尿病と診断された方は、まず食事療法を行います。
この為には、一日の摂取カロリーを栄養士のカウンセリングを受けて決め、これをオーバーしないように、また、極端に食事を減らしてカロリー不足や栄養不足なならないように食事療法を行います。

一日の摂取カロリーは、患者の症状や体格、仕事の程度により考えられます。
決められた一日の摂取カロリーは、守るように努力します。


一日の摂取カロリーは、糖尿病患者に限らず、1,600カロリーが理想と考えられています。
摂取カロリーを考えるには、料理を作る方も考え家族みんなで協力することが大切です。

糖尿食の摂取カロリー 関連記事