糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿食のタンパク質の採り方

糖尿食では摂取カロリーが最も大切ですが、これと同時に栄養バランスも大切になります。
この栄養バランスを考えるときに、偏食をしないことも大切になります。
一日の食事は、三度に食べることが望ましく、朝食を抜くことや夜に一日のほとんどを食べるなどは良くありません。
また、食事を摂る時間も出来る限り決めるようにします。
食事を摂る時間を一定にすることも大切なことです。

糖尿病の食事療法で三つの基本があります。それは・・・

・一日に摂取できる総カロリーは守ること
・栄養バランスの取れた食事をする。
・三度の食事は規則正しく摂る

以上の事を心掛けて食事療法を行います。毎日続くることが大切になります。


糖尿病の食事療法では、栄養バランスを考えながら、総摂取カロリーを抑えなければなりません。
これは、相反するようなことで、特に気を付けなければならない栄養素はタンパク質です。

タンパク質の摂取も必要ですが、脂質の多い食品に偏らないように気を付けます。
脂質が多くなるとカロリーが高くなり、カロリーオーバーになることと、コレステロールも多くなりますので、出来る限り過剰に摂取しないように気をくけます。

糖尿食で良質のタンパク質を摂取するには、牛肉より魚料理や鶏肉の料理を工夫することで、カロリーが抑えられます。
また、料理にも動物性脂肪は避けて、植物性脂肪を使うように心掛けましょう。

糖尿食では魚料理がよく使われていますが、塩干物(えんかんぶつ)は料理方法を工夫して塩分の摂りすぎに注意します。

糖尿食では以外に牛肉は使わないように考えます。
これは、脂肪分が多いこととコレステロールの摂取も多くなり、高カロリーになりがちですので、見た目も少ない感じの食事になります。

糖尿食のタンパク質の採り方 関連記事