糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿食に飽きない方法

糖尿食で摂りすぎに注意するものでは、果物があります。
果物にはビタミンや炭水化物、食物繊維が含まれていて、これらが同時に摂取できることから良い食材です。
ただ果物には糖分を多く含んでいますので、摂り過ぎには気を付けなければなりません。

糖尿病患者にとっては、少しの果物でも血糖値が上がり、これを下げる機能が低下しているのでなかなか下がらなくなります。
適量が示してありますので、これを過ぎないように食べましょう。

また、バナナはブドウ糖の吸収が早いので、糖尿病患者には低血糖の症状の時に使うと回復が早く行えます。


糖尿食で工夫される食事レシピは和食を中心に考えられたものが多くあります。
和食は、一般に栄養バランスの取れた食事と言われ、脂質の多い洋風の食事はカロリーも高いので控えめがよいと考えられます。

しかし和食は、昔より保存食として受け継がれた部分があり、塩やお醤油をよく使う塩分の多い料理があります。
和食はこの塩分の摂りすぐに注意しなければなりません。


糖尿食で是非取り入れて頂きたい食材は、豆類、野菜、乳製品と肉製品の脂肪でない部分などです。
野菜では緑黄色野菜は出来れば毎食食べて頂きたいものです。
緑黄色野菜には、血糖値の上昇を遅らせる効果があり、また、血液中に溜まったコレステロールを下げる作用があります。

緑黄色野菜はサラダにして、毎食摂るように心掛けましょう。


糖尿食は和食を中心にしたレシピが多いですが、塩分、糖分、脂肪分を少なくして工夫すれば洋食や中華料理にも活用できます。

糖分と脂質をうまく調整すれば、カロリーを抑えることが出来ます。


糖尿食は薄味でカロリーを抑えるために食事量も少なく感じ、ストレスを感じる方も多くいます。
しかし、食事療法は続けることで効果が現れますので、糖尿食に飽きない工夫が大切になります。

糖尿食に飽きない方法 関連記事