糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿病の食事療法で外食を楽しむ方法

糖尿病の治療で一番気を付けなければならないことは、毎日の食事です。
決められた摂取カロリーを守り、栄養バランスの良い食事を摂り、運動療法も併用します。

自宅で摂る食事はもちろんですが、特に外食には気を付けなければなりません。

仕事の関係上、昼食が外食になる方はたくさんいると思います。
外食は栄誉追うバランスが崩れやすく、カロリーオーバーにもなりやすく注意しなければなりません。
また、夜のお付き合いの多い方も注意が必要です。


糖尿病の食事療法を行っている方は、外食をするときの食事のメニューの選び方を変えることで、なるべく崩れないように改善できますので、この方法を覚えておきましょう。

外食が糖尿病食と違い、食事療法としての欠点となるところはどこにあるでしょうか。
これは、まずカロリーが高く栄養バランスが良くありません。また、塩分が多く含まれていて、脂分が多く野菜が多くありません。

また、食事の取り方にも問題があり、お昼の短い休み時間に、かき込むように食べ、良くかんで食べるようなことがあまり行われていないことです。


お昼に会社員方が好んでよく食べる食事と言えば、ラーメン、そば、丼ぶりもの、カレー、ファストフードでしょう。
これらのメニューを見ますと、カロリーも高く塩分、脂分も多く、野菜がなく栄養バランスが良くありません。
また、栄養素では炭水化物に偏っています。
できれば、外食でもなるべく避けた方がよいメニューです。


しかし、仕事上などでどうしても外食が避けられない場合もあるでしょう。
この場合の対処方として、できる限り和食の定食を食べるように心掛けます。
また、揚げ物の少ない、焼き魚の和定食がおすすめです。

外食をする場合は、出来る限り和食を食べるようにすれば、完全ではなくとも食事療法に対応できます。

糖尿病の食事療法で外食を楽しむ方法 関連記事